本文はここから

女性ホルモン投与後の副作用

H.I. さん
女性ホルモン投与後も副作用なし。

今までのリハビリとの比較

前立腺ガンの治療で、年に3回女性ホルモンの投与を受けていますので、なんとなくしわが伸びたりして、女性化の症状が出ているのかなという感じがありました。筋力が落ちる恐れもありましたので、加圧リハビリを始めました。副作用対策には、特に加圧リハビリのほかには、何もしていません。

 

期間(現在も通院しているのかどうか)

2001年の6月から、週に1回、続けています。2回ほど、やむをえず休んだだけで、欠かさず通院しています。体調の悪いときもありましたが、そんなときは、トレーナーの方が体調を見ながら、調整してくれるので、安心して続けることができます。

 

経過(最初との比較)

特に変化はなく、ホルモン治療の影響は出ていないと考えています。ガンはきれいに消えていますし、ホルモンのバランスも崩れていないと思っています。

 

他の改善点(血圧、糖尿病気、肩こりなど)

体調は、非常にいいですね。これが加圧リハビリと直接関係があるのかどうかは分かりませんが、大学医院での検査では、前立腺ガンの経過も含めて、非常に好調なデータが出ています。

 

感想

ゴルフを始めて、35年になります。プロゴルファーの杉原輝雄氏がやはりガンの治療の一環として、加圧リハビリを取り入れて、みごとに回復して元気にプレーをしておられますからね。私も是非それにあやかって、これまで以上に元気になって、ゴルフにも好成績を出したいと思っています。

  • 医療法人育仁会 小田切医院 - 加圧トレーニングを利用した加圧リハビリとバレエリハビリ
  • 〒211-0063 神奈川県川崎市中原区小杉町3-253 TEL:044-722-0121 / FAX:044-722-0123
  • Copyright © Odagiri Clinic. All Rights Reserved.