本文はここから

筋肉とは

人間の体における筋肉の役割

人間の体は、200余りの骨で骨格が形成されています。その骨格を覆うように筋肉が付着して「身体」を形づくっています。この筋肉は、体を動かす骨格筋、胃や腸などの内臓や血管の壁を形成する平滑筋(内臓筋)、心臓を形成する心筋の三つに大きく分けられます。

  • 骨格筋(自分の意思で動かせる随意筋)
    体全体、または手や足などを動かす時に使われる筋肉
  • 平滑筋(自分の意思では動かせない不随筋)
    血管、消化管、気管支壁など主として内臓を形成し、血流を促し、内蔵を働かせる筋肉
  • 心筋(自分の意思では動かせない不随筋)
    心臓を動かす筋肉

筋肉はどうやって作られるのか

体を動かす骨格筋は、体重の約50%を占めています。筋肉は直径がほぼ0.1ミリの筋繊維が束のように集まってできており、縦方向に並んでいます。その端は腱となって骨と繋がっています。この筋繊維を縮めることによって骨を引っ張り、体を動かしているのです。また、筋繊維は鍛えることによって、その一本一本が太くなり、より力が出せる筋肉になります。

筋肉が発達する経路は二つあると考えられています。

一つ目は、筋肉がケガなどによって壊され、新しい筋線維が必要になったとき、普段活動していないサテライト細胞が成長因子の刺激を受け、一本の筋繊維へと成長していきます。トレーニングで疲労し、傷ついた筋肉にも同様のことが起こり、新たな筋繊維ができ上がります。

二つ目は、ホルモンによるものです。運動することによって筋肉は、疲労物質の乳酸が溜まるなど、いろいろなストレスを受けます。筋肉がストレスを受けると、脳から成長ホルモンをはじめ、さまざまなホルモンを分泌させる指令が出ます。そして、これらのホルモンの分泌によって、筋肉が発達していくのです。

ここからはカテゴリ内ナビゲーション

  • 医療法人育仁会 小田切医院 - 加圧トレーニングを利用した加圧リハビリとバレエリハビリ
  • 〒211-0063 神奈川県川崎市中原区小杉町3-253 TEL:044-722-0121 / FAX:044-722-0123
  • Copyright © Odagiri Clinic. All Rights Reserved.