本文はここから

成長ホルモンのしくみ

加圧トレーニングを行うと成長ホルモンが300倍

成長ホルモンは脳下垂体で作られます。子供から大人に成長するために、身体の機能の発達を促すホルモンです。血液を通じて全身運ばれ、身体の成長を促し、筋肉や骨の成長を促進し、体脂肪を分解する働きがあります。さらに免疫力を向上させること、美肌効果、視力回復なども言われます。

成長ホルモンは運動後と睡眠中に分泌されます。また幼年期から思春期にかけて多く分泌されますが、20歳代にピークをむかえ年齢と共にその量は減少します。


成長ホルモンが300倍

成長ホルモンは、血液検査により、その量を調べることができます。普通の運動でも通常時の20~30倍の成長ホルモンがでます。しかし、血流が制限された状態の加圧トレーニングを行うと300倍の成長ホルモンが分泌されます。

成長ホルモンは、細胞を活性化し、カラダを強くするホルモンです。加圧トレーニングはこの成長ホルモンの分泌を最大300倍分泌させます。 成長ホルモンは名前の通り、体を成長させるホルモンで、若返りホルモンとも呼ばれています。
成長ホルモンは下記のような効果がもたらします。

  • 筋肉を強くする。
  • 代謝をよくする。つまりダイエット効果も期待できます。
  • お肌もきれいになり、美しくなります。
  • ケガが早く治る。
  • 骨折が早く治る。
  • 医療法人育仁会 小田切医院 - 加圧トレーニングを利用した加圧リハビリとバレエリハビリ
  • 〒211-0063 神奈川県川崎市中原区小杉町3-253 TEL:044-722-0121 / FAX:044-722-0123
  • Copyright © Odagiri Clinic. All Rights Reserved.