本文はここから

脳卒中・脳梗塞(脳血管障害)とは?


一般的に脳卒中と呼ばれる脳血管障害とは、脳の血管の異常が原因で起こる脳神経系の傷害のことです。脳血管障害は大きく「虚血性脳血管障害(きょけつせいのうけっかんしょうがい)」と「出血性脳血管障害(しゅっけつせいのうけっかんしょうがい)」の二つに分けられます。

虚血性脳血管障害(きょけつせいのうけっかんしょうがい)

虚血性脳血管障害(出血性病変とも言う)は、何らかの理由で血液の塊(血栓)ができたり、動脈硬化(動脈の壁が弾力を失ってもろくなった状態)などにより血管が詰まってしまうために起こる障害です。そして、その先の脳に十分な栄養が行かない状態で、片麻痺や失語症などの後遺症を残します。虚血性脳血管障害は大きく二つに分かれます。

脳血栓(のうけっせん):
動脈硬化による原因で細かい血管が詰まる症状で、生命の危険は少ないのですが、片麻痺や失語症などの後遺症が残ります。原因の多くは動脈硬化です。
脳塞栓(のうそくせん):
脳の太い血管が詰まる症状で、生命の危険性も高く重度の後遺症が残る危険性があります。心臓の不整脈などに生じた血栓(血液の凝固塊)や脂肪のかたまりなどが血流に乗って脳血管を詰まらせるのが主な原因です。

出血性脳血管障害(しゅっけつせいのうけっかんしょうがい)

出血性脳血管障害(出血性病変とも言う)は脳の血管が破れるために起こる障害です。多くの場合、高血圧などの原因により血管が破れ重い神経の後遺症を残します。出血性脳血管障害は大きく二つに分かれます。

脳出血(のうしゅっけつ):
一般的に脳溢血(のういっけつ)と言う脳出血は脳の細かい血管が破れて出血した血液がそのまわりの脳を圧迫し破壊することで傷害が起こります。高血圧や年をとって脳の血管が弱くなった部分が破れる主な原因です。片麻痺や意識障害などが起こります。
くも膜下出血(くもまくかしゅっけつ):
脳は軟膜(なんまく)、くも膜(くもまく)、硬膜(こうまく)と言う3層の膜でおおわれています。くも膜下出血はくも膜と硬膜の間にある動脈の血管の分岐部にできる瘤(こぶ)が破れ、膜と膜の間に血液がたまり、脳を圧迫し、激しい頭痛、吐き気、けいれんなどが起こり、急死することもあります。脳動脈瘤の原因ははっきりとわかりませんが、加齢による動脈硬化や高血圧などが瘤を作る要因の一つと考えられています。
  • 医療法人育仁会 小田切医院 - 加圧トレーニングを利用した加圧リハビリとバレエリハビリ
  • 〒211-0063 神奈川県川崎市中原区小杉町3-253 TEL:044-722-0121 / FAX:044-722-0123
  • Copyright © Odagiri Clinic. All Rights Reserved.